30代サラリーマンの株式投資とお得な情報や制度の紹介

夫婦共働き・子2人のサラリーマン株式投資。同じような環境で投資に興味のある方や知っていれば損をしない制度・情報を一緒に勉強しましょう。素人の私が成長していく姿をご覧いただき一緒に成長&成功を目指したい。Seize a chance!

デジタル通貨

デジタル通貨には、①電子マネーSuicaEdy、paypay など)や②仮想通貨(ビットコイン、イーサムリア、モナコインなど)や③CBDCなどがあります。

f:id:m0ssan:20201026205748j:plain

デジタル通貨

それぞれの特徴やメリット・デメリットについて紹介したいと思います!!

 

電子マネー

 法定通貨の代替。大きくわけて3つの系統があります。

交通系電子マネー

 ⇒1枚カードがあれば、全国の電車・バス等で利用可能で、コンビニや飲食店でも最近は使えるようになってきました。SuicaPASMOなどが代表です。

・流通系電子マネー

 ⇒スーパーや自動販売機やコンビニなどで利用可能です。Edyなどが代表です。

・クレジットカード系電子マネー

 ⇒幅広いシーンで利用可能。(オールマイティ)paypayなどが代表です。

使い方としては、電子マネーの端末から現金を入金するか、登録している銀行口座からの入金か、登録しているクレジットカードからチャージすることで利用可能となります。最近では各電子マナーが様々な領域を超えて利用されるようにお店や施設などと提携し如何に便利に利用できるようにするかを競っています。

 

電子マネーのメリット

 ・支払いがスピーディー

 ・利用額に応じてポイントが付与

 ・現金の受け渡しがなく、衛生的で楽。小銭いらず。

 ・お店側としては、レジ業務が簡素化できる。釣り銭の間違い。

  強盗なども減少することが予測される。

電子マネーのデメリット

 ・クレジットカードに比べて利用限度額が低いものがある。

 ・専用の決済端末が必要なため、スペースの確保やコストがかかる。手数料もかかる。

 

②仮想通貨

 ⇒国家に依存せずに流通する非中央集権的な通貨。日本の円やアメリカのドルとは違って、国家によるお墨付き通貨ではないため、需要と供給のバランスにより価値が決まる通貨。ビットコインには「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が使われています。

仮想通貨のメリット

 ・海外送金がスピーディー

 ・送金手数料が安い

 ・投資対象として少額で利用できる。

仮想通貨のデメリット

 ・値動きが激しく、決済手段としては使いにく

 ・売買益に対する税率が高い

 ・元本保証なし

f:id:m0ssan:20201026205806j:plain

仮想通貨

③CBDC

 Central Bank Digital Currencyの略語で、日本では「中央銀行発行デジタル通貨」と呼ばれます。国家の中央銀行が発行するデジタル通貨で、紙幣や硬貨を持たずデータのみ存在する。

CBDCのメリット

 ・紙幣や貨幣の製造、流通、管理、廃棄に関わるコストを削減可能

 ・利用履歴が残るため、マネーロンダリングや脱税、違法組織への送金等を妨げる

 ・銀行口座がなくても、各種決済が可能

 ・現金が不要なので、盗難や紛失のリスクが低減

 ・収入、支出がすべて記録されるため、納税手間が少なく済む

CBDCのデメリット

 ・偽造に対する最高レベルの技術が必要。

 ・商習慣の大きな変化になるため、予期しない事象が発生する可能性がある

 ・すべての店舗でCBDCへの対応が必要となり、コストがかかる。

 

現在中国では国内4都市での実証実験を行っており、中国が先行している様相。

タイは香港とデジタル通貨取引を2020年9月より開始しています。

 

日本においても2021年の実証実験を行うと発表されました。

 

今後急速にCBDCの実用に向けて各国の競争が激化するでしょう。

 

デジタル通貨が実用化されるとお金の価値観が大きく変化することになります。

 

どんな未来になるのか、楽しみで仕方ありませんね。

 

f:id:m0ssan:20201026205824j:plain

通貨